ayacondenser

まずはやってみる、何としてでも、やる!

days|2016/04/10 posted.

今夜は思うままに書こう。

何だかとっても忙しい時間が流れている。
1週間前のことが、うんと前のことに感じる。
一体どこからこんなに時間が欲しいと思っていたんだろう。。

3月はあまり眠れない日々が続いた。
3月のライブを振り返る。

4日の新松戸FIREBIRD。
久々にご一緒できた方、初めましての方も。
とても嬉しい出会いと再会。

5日の渋谷LUSH、全部で9組!
いやいや、賑やかな見応えあるライブ。
長い時間を感じさせなかった。
(終わった後の反省会で喧嘩したのもいい思い出)

10日の下北沢BASEMENT BARは、
全員女性ボーカルと言えど、皆違う個性で刺激的。
あんな風にそれぞれ魅力がある色々なタイプがいると、
女子はそんな簡単にはいかないよと男性は思うだろう。
みんな素敵だったなぁ。
(相変わらずの愛しい女子スタッフ含めてね。)

そして迎えた13日、BHサーキット。
出番が13:30と早く不安だったが、
何年前だ?懐かしいDaisy Barでの出演。
共演したバンドはふたつ、もうどちらもやっていないんだな。
なんて、勝手に感慨深い思いだった。

そこから次のライブまでは時間があると思っていたが、
どうしても20日頃までに曲を完成させないといけなかった。

劇団・東京ハイビームの4/4〜4/10までの公演の楽曲を、
何としてでも作らなければならなかった。
「お時間あれば・・」という感じでいただいたお話で、
スケジュール的には無理?というギリギリのラインだったが、
どうしても挑戦したかった。

タイトルは『SHORT GUN』

IMG_0116

IMG_0117

AチームとBチームとで、
短め2作品と、メイン1つのそれぞれ3話ずつ。
まずは合計6作品の全体のテーマを書こうと決めた。
全部の脚本を読んだ。
その中から、何とかキーワードを見つける。
キーワードとともに”キー”を探す。
何とか大枠が出来て仕上がりそうだと思った時に、
次の楽曲制作へ。

Bチームのメインである3話目は以前の公演でもやっている。
脚本を読んだら知っている内容だった。
「あぁ、あのお話!」とすぐにピンと来た。
当時とキャストを変えて、楽曲をそのまま使用するとのこと。

だから次は、Aチームのメインである曲を作ろうと決めた。
脚本は敢えて、一度しか読まなかった。
このお話をどう歌にしよう。
このお話を知らない人が聞いても、
きちんとわかるような曲にしたい。
やっぱり作っていくと様々な欲が出てくる。

苦労するかと思ったが、すんなりと出来た。
やった!大枠は1日で出来た。

でも、問題はここから。
予算的な都合もあり、
全てを自分でレコーディングすることに。

レコーディング、
録られる方は経験あっても、
録る方の経験は全く無い。
今回はどっちも自分でやらないといけない。
とにかく時間が無いので何とか完成させるしか無い。

こうやって完成させた楽曲たち。
1を知ると100くらい分から無いことが増えるのね。

そう、そしてまた、学びが始まる。
落ち着いたらレコーディングの勉強しよう!

4/10、いよいよ千秋楽です。
私はライブで観に行け無いけれど、
先日AチームもBチームも観てきました。

とても素敵な作品です。

こうやって関われることがどんなに幸せなことだろうか。

自身のライブの糧へとつながります。

IMG_0137

さぁ、ぼくもがんばるっちゃ。

もう寝るぞ!おやすみ!

See ya!

COMMENT

1件のコメント

  1. 3.27/甲府桜座に、ちょっと早く咲いたさくら | ayacondenser

    […] 前回の記事、4/10 まずはやってみる、何としてでも、やる!にも書きましたが、 4/4〜4/10まで公演されていた劇団・東京ハイビームの『SHORT GUN』の音楽を提出した後は、 ライブスケジュ […]

    2016-04-12|02:16| 返信http://ayacondenser.andduobox.com/298

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Archive

Category

Share Buttons

Ayako KUNIYOSHI