ayacondenser

10/1:音を、絵を描くということ

memo, my music / live|2016/10/25 posted.

お天気がほんの少し心配だったけど、
雨に打たれることは無かった、良かった。

行きの車の中、まっすぐに伸びて行く道。

行き先は越生。
初めての場所はいつでもワクワクする、ドキドキする。

一体どんなところで、一体誰と出会うんだろう!

img_1778

10.01(sat)埼玉・入間郡 ゆうパークおごせ
“10/1(土)〜2(日) GO AROUND JAPAN 2016”GO AROUND JAPAN Website Web・Andare member:Key.Vo.国吉亜耶子 / Gt.Cho.佐藤学 / Gt.星直旗 / Ba.Cho.ヤノアツシ / Dr.Cho.西川真吾
・ライブペイント:新宅百絵

img_1788

ぼくらが演奏したのは、こんなところだった。

思ったよりも奥行きがあって、
音が伸び伸びとしている。

山の中だから、ちょっぴりひんやり肌寒い。
寒さに少し弱い私は、
ずっとステージの近くで皆さんの演奏を楽しんだ。

出演時間が遅めだったから、
もっと寒くなるんじゃなかろうか。
指が動かなくなったらどうしよう。

そう思ってカイロを持って来ていた。

きちんと人数分、
みんなの分を持って来ていたけれど。
使ったのは私だけだったな。

今回のAndareメンバーは、ベースにヤノアツシくん。
そして、ライブペイントで新宅百絵ちゃん。

ギターの星くん経由で、
彼女の方から絵を描きたいというご連絡をいただいた。
曲が変わる毎に絵も変化し、最後はこういう絵になった。

どうだっただろう。

百絵ちゃん、楽しかったかな?

 

絵が描けるというのはいいな。
いつか挑戦してみたい、でも、なかなかね。

ボールペンとかで落書き程度ならいいんだけど、
やり出すとはまってしまいそうで、
なかなか手が出せないんだな。

本気になってしまうと、
音楽そっちのけになってしまいそうで。

 

ぼくは、器用じゃないから。

 

だから、絵が描ける人が、
心底うらやましいよ。

ライブはもちろん楽しかった。
ヤノくんは初めてとは思えないほどに落ち着いているし、
こっちが安心させてもらったくらいだよ。

反省点もあったけれど、
それは本当に嬉しいことだな。

まだまだ”こうしたい”という思いや理想があるということ。

それはきっと永遠に尽きることは無くて、
だから永遠にライブの曲は完成しない。

生きているから。
生きている人が演奏する音楽だから。

生きていると色々なことがあるから。
考え方だって変わるだろう。
その途中で誰かの影響を受けるということもあるだろう。

img_1791

帰り。
高速途中のサービスエリアで、
西川氏のバースデーをした。

越生までみんなを運んでくれた
isolateドラムの池谷さんが、
美味しいタルトを買ってきてくれた。

これがね、本当に美味しいんだ!!
びっくりするくらいペロリ、なんだよ。

池谷さん、
いつも本当にありがとうございます。
感謝でいっぱいです。

img_1797

会場で、色々な人に会ったのだけれどね、
あまり、お写真を撮らなかったんだな。

撮ったことは撮ったんだけど。

あの日の私はみんなのスマホの中に居る。

ライブ前にはどうしても落ち着かなくてね。
終演後にお話しできたのは、
“DARUMA brothers”のお二人だけだった。

武田英祐一さんは、
先月のVOXhallでお会いしたばかりだし、
竹原ピストルさんは再会が約束されている。

img_1947

ライブ前は、
どうしても落ち着かなくてね。

終演後にお話しできたのは、
“DARUMA brothers”のお二人だけだった。

武田英祐一さんは、
先月のVOXhallでお会いしたばかりだし、
竹原ピストルさんは再会が約束されている。

嬉しい再会。

img_1948

この、ピンボケした感じも好きなんだよなぁ。

初めて参加させていただいたけれど、
本当に素晴らしいイベントだった。

もしもまた参加できるのなら、
今度は滞在してキャンプも楽しみたい。

 

その時には、誰か付き合ってね。

何もかも、わからなくなるまで語り合おう。

 

 

またね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Archive

Category

Share Buttons

Ayako KUNIYOSHI