ayacondenser

12/21:スペースマイペース

days, my music / live|2016/12/25 posted.

本当に楽しかったな。
午前中からみんなと居た長い1日。
でもあっという間だった。

午前中に集合しリハーサルをする。
13時半頃まで練習をして、
お店の入り時間の17時までどうしよう。。

ライブハウスに楽器を置いてランチへ向かう。

ライブの日は家を出たら食べないのだけれど、
この日は出番まで時間があるし、
家を出たのも早いし、
何よりもリハーサルの後だからエネルギー補給。

 

お腹が満たされると、眠たくなるよ。
天気もいいし、暖かかったから。
ちょっぴりうとうと。

12.21(Wed)
東京・渋谷 Lush
“Lush presents 「clothing club at SHIBUYA ~Day2~”
出演:ドブロク / トンカツ(ex eastern youth、ひょうたん) / キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 金田康平(THEラブ人間) / Andare(ex.国吉亜耶子and西川真吾Duo)
・Andare member:Key.Vo.国吉亜耶子 / Gt.Cho.佐藤学 / Gt. 星直旗 / Ba.Cho. 下上貴弘 / Dr.Cho. 西川真吾

キイチビール&ザ・ホーリーティッツさんの、
思わず笑顔が溢れるピースフルな音楽から始まり、
金田康平くんの人情たっぷりな弾き語り。
ドブロクさんの完全なるロック。
トンカツさんのちょっぴりお茶目な弾き語り。

 

ステージにいる間の皆さんは、とても”マイペース”を感じた。
マイペースというとどうしても、
ゆったりとしているというようなイメージになるが、
ここでの”マイペース”は決してそういうことではなくて、
何処にも不自然がねじれがないマイペース。

 

だから
一番最後の出番だったのだけれど、
あっという間にやって来た。

 

今回のライブは編成は、3度目。

星くん、学ちゃんとは、
なるべく入れるだけリハーサルに入り、
下上くんとは限られた時間でリハーサルに入り。
出来る限りの事は精一杯やるぞ。
そういう思いで挑んだライブ。

 

12月はみんな忙しい。

学ちゃんは自身の生誕祭のイベントで大変だし、
下上くんは19日にクワトロでのワンマンを終えたばかり。
星くんはこの時期に花粉症?ちょっぴり風邪かな。
アンプの上にはティッシュが箱で置かれていた。

そんな中で、ほんの一時でも、
みんながステージを楽しんでくれていたら、
一緒に音を出していることに喜びを感じる瞬間があれば、
すごく最高だなぁ、なんて思っていた。

私自身は反省もありつつ。
反省するようなことなんて、
無い方がもちろんいいのだけれど、
そういうこともまた嬉しく思える。

それは、この日だったからだな。

久々の渋谷Lushでの出演。
BASEMENTBARから移動したケンジくんが呼んでくれて、
それをまた喜んでくれていたのが嬉しかった。
何よりだった。

ぼくらを観に来た方・初めての方、
共演した皆さん、
お店のスタッフの皆さん、
駆けつけてくてくれた仲間も。

フロアで観ていてくださった全ての皆さん、ありがとう。

金田康平くんとトンカツさんと

金田康平くん
彼とのライブでの再会は何年ぶりだろう。
「最後はいつだっけ?」なんて話した。
THEラブ人間での共演だったか大阪での弾き語りだったか。
金田くんがライブでも話していたけれど、
ちょうど2週間前にバッタリ再会した。
それは、とても悲しい再会だった。
私にとっても彼にとっても。
「笑顔で会える方がいい」
そうだね、いつだってそうだ。

トンカツさんの弾き語りは、とてもフワリとしていた。
eastern youthの音楽を聴いていた頃を思い出した。
当時は持ち歩く音楽として必須だった。
MDウォークマンだったような気がするよ。
自分で好きな曲を組み合わせて作っていた。
自分だけのオリジナルオムニバス。

今思えば何もわかっていないかったのに、
世の中をわかったような気になっていたあの頃だ。

 

Facebookに上がっていたお写真。
お気に入り。

いつもありがとうございます。

しかし、よく目を瞑っているなぁ。

片目だけ開いているということもよくあるなぁ。

 

 

 

See ya!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Archive

Category

Share Buttons

Ayako KUNIYOSHI