ayacondenser

12/26:海に潜る

days, my music / live|2016/12/31 posted.

26日、クリスマス翌日。

毎年クリスマスの翌日って、

「なんだ、一気に正月ムードじゃないか」
「昨日までの”クリスマスムード”はどこへ行ったんだ」
「みんな、何でもいいのか!」

欧米の文化と日本の文化の境目を勝手に感じては、
「日本人ってほんとに・・」
というよくわからない少しの批判にも似た感情を、
自分自身も多少楽しみながらも(ケーキ買ったり)、
感じていたりしていたのだけれど、
今年はちっともそんな感じがしなかった。

気が付いたら「あ、そうだ」と。

街から人が少なくなって来た。

いつもより空いている電車が感じさせてくれた。

12.26(Fri)
東京・下北沢 BASEMENTBAR
“Beat Happening!下北沢に於ける歌力!”
出演:工藤ちゃん / 佐々木泰雅 / 近田宗仁(はいからさん) / 大越なつこ(ex.軍艦オクトパス) / Andare(ex.国吉亜耶子and西川真吾Duo)

・Andare member:Key.Vo.国吉亜耶子 / Gt.Cho.佐藤学 / Gt. 星直旗 / Dr.Cho. 西川真吾

皆さん弾き語り。
“弾き語り”で一言で言っても本当に色々。

 

そりゃそうだ。
“バンド”と言ってもいろいろあるのと同じ。
でも、イメージで言うと、
バンドが色々あるのとちょっと違うでしょ?
バンドの場合は、楽器の種類も数も人数も違うわけだし、
そりゃ、色々あるの当たり前でしょう。

そういう風に思う感じで、
「弾き語りにも色々あるなぁ」今回はそう思った。

 

弾き語りは形がシンプルだから、
厳密に言えば楽器も弾いてる人も違うわけだし、
同じ音なんて出せる人はいないわけだけれど、

楽器1+声1

基本的にはこの形であって、
聴こえてくる音の耳に馴染む感じは、
そんなに違いは無い。

 

いや、だからなのか。

今回は男性2人、女性2人だったのもあるかな。

工藤ちゃんのギター弾き語り
大越さんの鍵盤弾き語り、
近田さんのギター弾き語り
泰雅くんのギター弾き語り。

性別の違いはとても大きいし、
楽器の違いもとても大きいけれど、
そんな事よりも、
シンプルな形だからこそ、
見えてくるものが確実にあった。

 

その、お人柄と音楽との向き合い方。

 

いつの日か自分も出来るかもしれないな。

少し思った。思えた。

 

リハーサルの写真。
学ちゃん、星くんとの4人での今年最後のライブ。
すごく楽しめた。

考えてみたら、
一緒に音を出すようになって、
まだ4ヶ月経たないくらいなんだなぁ。
練習を含めると、もちろんもう少し長いのだけれど。

この2人の努力とか、実直さというか、
尊敬できる部分がたくさんあって、
私は色々なことを教えてもらった。

「ありがとう」という思いしかない。

本当にありがとう。

 

この写真はセッティング中なのかな。
ライトが差してるから違うのかな?

 

こういう薄暗い青色の写真、
ライティングとしては、
珍しい色じゃないかもしれない。

でも、1枚も持ってないんじゃかな。
白の明るい色や赤系の色はよくあるんだけど。

この青色、好きだな。

 

海の中みたい。

深い海に潜りたいと思ったことある?
スキューバダイビング。

してみたいって思っているけど、
スキューバダイビングする時って、
コンタクトレンズ外さないとダメだよね?

 

目がすごく悪いんだ。
だから多分、潜ったって何も見えない。

深い海の中。
きっと静かなんだろうな。
気持ちいいんだろうな。

海の中でいつか眠りたい。

 

 

See ya!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

Archive

Category

Share Buttons

Ayako KUNIYOSHI